髪の毛トリビア

ヘア

どうもこんにちは!独身真っ盛り KL(@klfrom046)です!

元気に髪の毛いじってますか?

既婚未婚に関わらず、髪型や体毛なんて結婚の判断基準には全く関係無いと思っています。

モテる人はハゲててもモテるし、モテない人は体毛ツルッツルでもモテない。

 

部屋にいらん毛が落ちてたりすると萎えますけどね、、、

 

皆さん、こう考えたことはありませんか??

 

髪の毛(に限らず体毛でも)って

「何だろ?」

「何のためにあるんだろ?」

 

私は常々思っています。

 

不要である。

 

と。

 

 

何だってあんなに早いサイクルで成長してくるんでしょうか??

 

私だってここまで成長するのに30年間を費やしてるのに

一か月でもうかなり成長してきやがるんですあいつら本当に。。

 

そして、手入れを怠ると「不潔」と思われ、また結婚が遠ざかる始末。

 

 

 

こと体毛に関して言えば、男性よりも女性の方が顕著に思っているはず。

最近知ったのですが、すごくマメに手入れされてますよね皆さん。

 

その手入れから解放されたかったら、金を積んで脱毛するか。

だからこそ、高額な脱毛という商売は成立しているのでしょう。

 

と言ってもこの先の人生、長いこと付き合っていく必要のある「毛髪」に対し、

 

ちょっとでも愛着が湧く様にと、今日は「毛髪」の豆知識を綴ってみたいと思います。

 

 

髪の毛とは?

頭髪(とうはつ)は、ヒト頭部に生えるである。毛髪(もうはつ)、髪の毛(かみのけ)、また単に髪(かみ)ともいう。

※wiki

 

誰でも知ってる事ですけどね笑

構成される成分うんぬんの話は理系の方のblogへどうぞ。

私はようけ分かりません。

たしか、たんぱく質です。(雑)

 

 

伸びる速度

個人差がありますが、約1.2-1.4cm/月ほど

 

なお、以前blogでも書いた通り、ホルモンバランスが影響しやすい部位、例えば前髪部分などは

 

男性:1cm弱/月

女性:1.5cm以上/月

 

この様な性別差も存在します。

 

あと、男性は横と襟周りが伸びるの早いですね。(波平ゾーン)

 

それに、伸びる速度とは関係無いのかもしれませんが、本人や周囲の人が早い、遅い、と感じる印象というのは[本人の髪の毛がどれくらいの長さ」なのかに左右されます。

 

分かりにくいですね笑

例を挙げます

 

 

A.髪の毛の長さが20cmある女性が一ヶ月後、21.5cmに伸びた。

 

B.2mmボウズの男性が一ヶ月後、1.7cmに伸びた。

 

↑どちらも伸びてる長さは1.5cmと同じですが、

「伸びた」という印象はBの男性が強く与え、本人もそう思うはずです。

 

それもそのはず、元々あった毛髪に対し相対的に考えると

A→5%増加

B→850%増加(8倍強)

 

そらそうでしょ笑

今ある長さの8倍とか耐えられない。

 

つまり、髪の毛を短くすればするほど、「伸びた」と感じやすくなり、散髪に行きたい衝動に駆られるのです。

 

よく「しばらく来なくていいように、短めに」なんてサロンで注文される方がいますけど、それは床屋の術中です。

 

結果的に長く保っていた方が散髪の機会は少なく済みます。

 

 

 

性質

髪の毛の持つ性質を利用し、スタイリングに活用することをブローやパーマと呼びます。

 

 

ブローとは、髪の毛を乾かしつつ整えていくこと。

 

うんたら結合がうんぬんという話は割愛するとして

 

熱を与え

そのままのカタチですぐに冷ますと

 

あら不思議、固まります。

 

ロングでもショートでもヘアスタイリングにはドライヤーによるドライが非常に重要です。

 

クセのせいでこの部分がいっつも気に入らない

 

といったお悩みをお持ちの方、

熱して

冷ます

 

を意識してみてはいかがでしょうか??

 

 

男性にしても女性にしても、

スタイリングで一番重要なのは「ドライ」です。

 

ボクシングで言うところの左

バスケで言うところのリバウンド

サーフィンで言うところのパドリング

そう、極めれば世界を獲れる

 

と同じで位置付けだと心得て下さい。

 

 

劣化反応

人体、皮膚の一部ですので、男女問わず加齢と共に劣化が進みます。

 

代表的なものは

以前も取り上げた「薄毛」

そしてもう1つは「白髪」

 

この2種類に大別されます。

 

何故加齢と共に劣化が進んでいくのか?

 

それについては、何の科学的根拠の無い私の持論を展開します。

 

・生物としての自己防衛機能が低下

 

生物としての自己防衛・生存機能の低下、という事の象徴、サインなのかと思っています。

 

何故この推測に至るのか?理由は下記の通りです。

 

1.毛髪は人体の急所である頭部を保護する役目を担っている。

 

それが薄くなってきているという事は、

つまり、保護機能の弱体化を示す。

頭部へのダメージを軽減することが出来ない。

直に大衝撃・大ダメージ

 

 

 

2.毛髪が擬態の役目を担っていると考えた場合、白髪になるということは、目立つばかりである。

 

捕食者から見た際、獲物になり易く、良いことなど無い。

 

野生の観点で言えば、擬態機能の弱体化を示す。

 

 

という訳で、

若い世代へバトンタッチして早く逝け

 

こんな風に自分の毛髪からキッパリ言われてる様なものです。

 

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか??

 

何気なく頭に付いている毛髪ですが、意外と知らない事って多いですよね??

 

まぁ1つは推測ですけど、、、笑

 

飲み会やデートの会話ネタにでも活用してもらえると幸いです。

 

それでは!!

 

KL

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました